2009年 01月 28日 ( 1 )

バラ科

「 梨恵 」 rie

あれ?漢字が違う?

6年前に父親が泣くなった後、なんか名前の漢字を変えたいなーと
思ってたんです。
その頃は、いろんな事がありすぎて・・ちょっと疲れていましたね
名前の持つ意味や画数を調べてみたところ。。。
やっぱりな・・・なるほどね・・・と思うところがあったり・・・

でも、そればかりが自分の人生を左右しているのではなくて
やっぱり、今日の自分の想いが自分の未来を変えていくことができるはず☆
と思い直してそのままの名前できました。

そして、最近になって
なんか変えてみようかなーなんて思いが巡ってきたんです。久しぶりに。
理恵もとてもいいのですが、なんか重い?強い?というか息苦しいなーなんて
感じて。(こういうの私の場合は感覚なんです)
もうちょっと、柔軟で柔らかい感じにしたいなと思い
峰 レアさん にとても親切にアドバイスを頂いて 、「 理 」 から 「 梨 」に。

梨は果物でよく知られていますが、白色の花が咲き実を結ぶ果実。
東洋医学ではのどの渇きや痛みを和らげるために食していたようです。
そして、なんとバラ科。
私にとってバラを見ると思い出すのが父親であり母親。
花言葉は「 和やかな愛情、博愛 」

よく父親に、優しい女性になりなさいって言われていたことを思い出します。
本来、じゃじゃ馬気質がある私に「女性らしく生きなさい。女性なんだよ。」って
何回も言われていました。

そうですね。。
忘れないようにします。
そんな想いもあり、「 理 」 から 「 梨 」へ。

花が咲き実を結ぶ。
自然の流れ、時の流れを感じます。
季節が移り変わるように、人の心や体も移り行ゆくもの。
それが、自然の摂理でもあるように思います。


e0146471_1124213.jpg

[PR]
by rielements | 2009-01-28 11:21 | ひとり言