アロマと五行学説

2月に入り、少し寒くなったような気もしますが
体調管理はいかがでしょうか?

冬は寒ければ寒いほど、春になった時に植物の芽は伸びやかに育ち
すくすくと育っていくと あべ先生 の東洋医学講座で学びました。
暦では明日から春ですね。植物や動物、人間も何かと動き出していく時期なのでしょうか。

「 春 」 は冬の寒さから次第に暖かくなる時期。発生の「 生 」とも言います。
五行では   「 木行 」

のびやかによく動き
新しい物事をはじめたいと思う時期。
人間と動物はこの「 生 」という気があるから動くことができます。

ただ、このやる気も度が過ぎると
体や心にも負担がかかってきます。
体では肝臓に感情では怒りを表現します。
肝臓の状態は目に表れます。
目は口ほどに物を言うとも言われ、気持ちや体の状態も目の表情にあらわれてきます。
なぜ、怒りとなるのか・・・

このやる気が起きる時期
やる気のある人は、基本真面目な性格な方が多く
なんでも最後までやらないと気がすまなかったり、こうあるべきと頑張ってしまうようです。
その途中、物事がうまく進まなかったりすると、自分の思い通りにならないものだから
イライラします。⇒ それが怒りへと転換されるんですね。

春のあたたかくやさしい日差しの中で
ゆっくりと光を浴び、自分の中で温めてきた物事を少しずつ動かしていく。
何事も適度に。
体も心もバランスよくゆったりと動かしていきましょう。

気がはやって仕方がない時には「 クラリセージ 」を使用してもいいですね。
五行では「 金 」 の性質をもつ 「 クラリセージ 」
「 木 」 の気が過度になった場合に 「 金 」 の気が鎮めてくれるでしょう。

e0146471_122942.jpg
[PR]
by rielements | 2009-02-03 11:50 | アロマセラピー
<< 精油の選び方 ネロリ >>