カウンセリング

私がアロマセラピーというものを勉強しようと思ったとき
一番、興味があったのは
セラピーを行う前のカウンセリング

カウンセリングとは人に話を聞いてもらうことと思っている人が多いと思います
(私もそう思っていました)
でも、違うんですね

人に話をしながらも、自分自身の内なる声に耳を傾けることなんです
ひたすら声を「 待つ 」 こと
それをお手伝いするのが私たちの仕事なんだなーと
なにかがわかりかけてきました

私が恵理さんのセラピーをはじめて受けた時
恵理さんのカウンセリングが凄いと思い、この人だと思って側で勉強させてもらっています

恵理さんのセラピーはカウンセリングそのもの
自分の中に深く深く入っていくのを
一緒に(意識的には1人ですが)
側で見守っていてくれるんですね
いろんな自分と対話するために
普段、無視しがちな自分を大切にする時間
それが深まった時、聞こえてくるんですね
私が聞いた言葉はやはり忘れがちになりやすいことでした
大切にしなければならないこと


恵理さんが言っていたこと
少し分かってきました
真理なるもの
[PR]
by rielements | 2008-08-22 08:52 | ひとり言
<< 久しぶりの。。。 ゲシュタルトの祈り >>